Rioの記録

愛娘の成長記録(特別養子縁組)

特別な日

今日は、Rioのお兄ちゃんの誕生日です。パパとママにとって特別な日です。

私達自慢の子供であり、誇りです。
息子が産まれて、逢えた事が人生の宝です。

感謝とか、愛とか、大切とか、感動とか、そんな言葉では表せない感情をいつも胸に込めてます。

浮腫んでしまった身体も、人口肛門も、穴だらけの身体も、頑張って闘った証と、全てが愛おしく思いました。

息子は、初めて抱っこした夜に天国に逝きました。
家に連れて帰り、三日間、誰にも気兼ねなく、家族3人で過ごした時は、泣いてばかりいましたが、産まれてからずっと裸だった息子に、洋服を何度も着せてあげられる事の喜び、キスが出来る喜び、いつでも抱きしめられる事への喜び、身体の隅々まで触れられる喜びの重さが本当に強烈でした。

今は、Rioに服を着せる度に、幸せを噛み締め、抱っこする度に感激し、オムツを替える度に、ありがとうと思い、笑ってくれると感謝で胸がいっぱいになります。御飯を美味しそうに食べてくれる時は、嬉しさでクラクラします。(ちょっとあげすぎかも。最近、減らしてます)

この先、体質上、病気になるかもしれません。死に関わる病気かもしれません。
ちょっとした事でも心配や不安も沢山あると思います。ママは、ただでさえ、心配性です。
でも、防げない病気なら、それも含めて、私達には完璧な子供なんだよねー、なんてパパと話したり。

パパと、ちょっとだけ子育てに慣れたママと、妹を天国から見ていてくれたら嬉しいな、なんて思ったり。

パパは、毎日、毎日、息子にも、「行ってきます」と、「ただいま」を欠かしません。
毎月、息子の月誕生日には、絵本を買ってきます。 ママは、パパの、そんな所が好きです。

パパが帰って来たら、2人で息子の誕生日を噛み締めたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ